Toggle

Culture

Contents

“A Taste of 007 Style” グローブ・トロッター @ヴァルカナイズ・ロンドン 青山

エレガントな中にも無骨さを持ち合わせ、危機迫る時にもクールに決める姿はまさにイカした男…ジェームス・ボンド。
特に、6代目ボンドを演じるダニエル・クレイグはシリーズの中でもひときわクールでセクシーだと思う。
今回、そんな彼に魅せられる形でこの展示会に足を運んだ。
イベント名は“A Taste of 007 Style”
お誘い頂き、またご一緒させて頂いた @kazumoto さんもボンド級に素敵な方だと言うことは、あらためて書かせて頂きたい。
 


DSC 0168

イベント内容


詳細



人気の高い英国スパイ映画『007』の映画誕生50周年を記念して開催する特別展。
シリーズ最新作『007 スカイフォール』にて、ジェームズ・ボンドが着用したスーツや、ボンドガールのイヴのドレスなどを含む、貴重な衣装を展示し、時代ごとに移り変わるボンド・ファッションの歴史を知ることができる。



イベント内容は上に書いてある通り。
実際に着ていた衣装を、目の前で見れる機会はあっても極稀。
コンパクトな展示スペースではあるものの、ラグジュアリーな空気感は007そのものだった。


DSC 0175


DSC 0178


ヴァルカナイズ・ロンドン 青山の外観

DSC 0147


DSC 0148


靴はクロケット&ジョーンズ

DSC 0145


2階に上がると、スーツとドレスが出迎えてくれる。


DSC 0159


DSC 0163


DSC 0128


DSC 0164


DSC 0130


DSC 0133


DSC 0180


DSC 0158


DSC 0183


小物や書籍も展示されている。


DSC 0153


DSC 0149


DSC 0144


DSC 0143


DSC 0142


DSC 0136


DSC 0139


DSC 0137


DSC 0140


ドレスとスーツ、各3着が展示されていた。


DSC 0181


12月16日までの開催なので、007好きの方は足を運んでみてはいかがだろうか。 


@kazumoto さんより補足


 


展示されていたドレスはカジノ・ロワイヤルより2点。 赤いのがソロンジュ・ディミトリオス役のカテリーナ・ムリーノが着ていたジェニー・バッカムのドレス。


真ん中の黒いのがヴェスパー・リンド役のエヴァ・グリーンが着ていたヴェルサーチのドレス


慰めの報酬より1点。 ストロベリー・フィールズ役のジェマ・アータートンが着ていたプラダのドレス。(リボンがついているドレスね)


紳士服は、Tomorrow Never Diesでピアース・ブロスナンが着用した海軍の制服。


ショーン・コネリーがGold Fingerで着用したブラウンのスーツ。


The Living Daylightsでティモシー・ダルトンが着用したチェスターフィールドコートでした。


その他に『スカイフォール』でダニエル・クレイグが着用したスーツ(トム・フォード)とベレニス・マーロウが着用したゴールドのドレス(ブランド名忘れた…)でした。


スケジュール・アクセス


日程  2012年11月14日(水)~12月16日(日)


時間  11時00分〜20時00分


電話  03-5464-5255


場所  ヴァルカナイズ・ロンドン


住所  東京都港区南青山5-8-5


アクセス『表参道』駅 徒歩3分


 


ボンド&ボンドガールの衣装、日本初公開!  『A Taste of 007 Style』展開催。|ニュース|ファッション|VOGUE


スナップショット 2012 11 19 16 45 2


合わせて読みたい


 


Return Top