Toggle

Culture

Contents

築200年、1日1組限りの隠れ宿「古守宿一作」で過ごす贅沢な時間 Travel

先日、山梨へ旅行に行きました。

今回の旅の目的は「古守宿一作」さんに泊まること。

古守宿一作と書いて「こもりやいっさく」と読みます。

なぜ、旅の目的が宿なのか。

それは、一度は訪れたくなるような魅力的な特徴があるからです。

<古守宿一作さんの大きな3つの魅力>

・ 宿は築200年以上の歴史ある建物

・ お客は1日1組10名限定

・ 料理は地元の産物や自作の野菜、調味料を使用

とても便利な現代において、「歴史やテマやヒマを味わう体験」が一番贅沢なことだなと思っています。

今回そんな贅沢な体験を通して感じた、古守宿さんの魅力をお伝えできればと思います。

古いモノが好きな自分としては大興奮の旅となりました。

DSC 0194



古守家さんは山梨県北杜市小淵沢にあり、先にも書いた通りこだわりあふれる宿です。

宿までは小淵沢の駅から車で15分ほどで到着します。

少し高台に建てられた宿からの見晴らしは最高で、林や畑、田んぼといった日本の原風景が見渡せます。

DSC 0202

宿わきの小道。

DSC 0204

正面には棚田があります。

 

DSC 0176

見える範囲の田畑はご主人が手入れされているそうです。

DSC 0198

味のある看板。

DSC 0213

手作りの足場を抜けると、自作の野菜が栽培されている畑に行くことができます。

DSC 0170

 

DSC 0172

畑になっている野菜に力強さを感じます。

DSC 0189

キュウリも、

DSC 0179

ナスも、

DSC 0187

トマトも美味しそう♪

DSC 0168

プチトマトも沢山。

DSC 0196

「好きなだけとって食べて下さい」という宿主の新海さん。

すっと人を引きつける素敵な人柄♪

DSC 0223

人懐っこいマスコット犬「がーちゃん」もお出迎え。

DSC 0214

宿までの道もキレイに整えられていて、いい感じです。

タイムスリップしたかのような外観にわくわく。

DSC 0132

 

DSC 0133

 

DSC 0233

 

DSC 0259

 

DSC 0264

 

DSC 0266

見るもの触れるものすべてが古くて、でもそれが新鮮で、興味深くて、完全に心を鷲掴みされました。

DSC 0261

どこか可愛らしさを感じるフォント。

DSC 0271

入り口もよさげ。

DSC 0619

蚊取り線香の香りと、古い家屋特有の香りが立ちこめる玄関。

DSC 0286

縁側の床のきしむ音に心踊ります♪

DSC 0447

囲炉裏の堂々たる存在感に感激!!

DSC 0291

ここにずっと座っていたいなと思わせるのは、200年以上の歴史と炭の温もりを感じるから。

DSC 0617

こんなにも部屋があります。

1日1組なので、すべて自由に使うことができます。

見える以外にも、奥の左側に寝室と離れがあります。

10人のグループで泊まっても持て余してしまいそう。

DSC 0230

離れにある風呂場です。

DSC 0236

古守宿さんの風呂は、薪を組んで焚いています。

風呂は3回沸かしてくれます。

着いて1回、食後に1回、翌朝に1回です。

DSC 0518

 

DSC 0532

窓から見える景色も最高です。

 

いかがでしょうか?

今回は、古守家さんの佇まいや雰囲気をお伝えしました。

次回は、地元の産物や自作の野菜を使った料理を中心に紹介したいと思います。

 

アクセス


 

古守宿一作 pdf 2 2ページ

 

合わせて読みたい


 




Return Top