Toggle

Book

Contents

リンダ・グラットン著「WORK SHIFT ワーク・シフト」を読んでこれからの働き方を考える

リンダ・グラットン著「WORK SHIFT ワーク・シフト」を読んでこれからの働き方を考える

働き方に関する本を良く目にします。 書かれてあるキーワードは「自由、自分らしく、つながり」です。 本書「WOR...

資本主義と自由 ミルトン・フリードマン 

資本主義と自由 ミルトン・フリードマン 

本書の特徴は、圧倒的な読みやすさです。現在主流といわれる資本主義。 そして自由。その源流を知る上でうってつけの...

「社会とどうかかわる」を読んで

「社会とどうかかわる」を読んで

社会との関わりを考えていると、一つの学問に出会いました。 公共哲学と言われるその学問は、政治、経済、法律、哲学...

梅棹 忠夫著「情報の文明学」の書感

梅棹 忠夫著「情報の文明学」の書感

情報に対する考え方が変わりました。情報は、受ける側が、どう受けとるかが問題です。その意味で、あらゆるものには情...

「土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 」を読んで

「土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 」を読んで

「味覚はその人の生にひそんだ精神史である。」 本書に書かれている水上氏の言葉だ。著者の培われてきた精神とは何だ...

Return Top