Toggle

Food

Contents

バルサミコ香る、超簡単な本場イタリアンサラダの作り方 〜2012 Europe vol.3〜 Travel

イタリアに行ってなるほどと思ったのが、サラダの食べ方です。
特にドレッシングが添えられてくるわけでもなく、レタス、トマト、チーズを盛りつけたお皿が出てくるだけ。
テーブルにはオリーブオイルと塩こしょう、そしてバルサミコ酢がおいてあります。
回りをチラリと見渡すと、調味料を自分好みにかける人たちの姿が目に留まります。
特にオリーブオイルは、こちらが「大丈夫か!」と思うほどの量を回しかけていました。
実際に真似して食べてみると、これが案外いけるなという印象。
オリーブオイルだからか、思ったほど油っこさを感じない美味しいサラダになりました。
今回はそんなイタリアで目の当たりにした、超簡単で美味しいサラダの作り方をご紹介します。


DSC 0827

材料の紹介 


材料は下の通りです。

サニーレタス  4〜5枚
バジル     一握りくらい
チーズ     5〜6切れ
オリーブオイル 大さじ3杯
バルサミコ酢  少々
塩       少々
黒こしょう   少々 

バルサミコ酢とバジルを使うコトで、グッと本場っぽい味が楽しめます。 


DSC 0035


調味料も少しこだわることで、一層美味しく仕上がります。
それでは調味料の紹介をします。 


 


ラニエリ エクストラヴァージンオリーブオイル 250ml 

DSC 0044



イタリア産オリーブを使用し、100年以上も変わらぬ製法で作られているオリーブオイル。
サラッとしていて苦みの少ない印象です。
コストパフォーマンスもアマゾンの評価も良い感じです。


 


マツェッティ エキストラ アセト・バルサミコ 100ml

DSC 0046



世界三大酢のひとつバルサミコ酢。
こちらもイタリアのもので、輸入食品のお店カルディで買いました。
酸味も柔らかくフルーティーでまろやかな味わいです。


 


キャステロダナブルースライス

DSC 0052


 



塩味の効いたブルーチーズ。こちらもカルディで買いました。
8枚にスライスされたチーズが使いやすく、青カビ独特の風味とマイルドな口当たりがサラダに良く合います。



岩塩 

DSC 0049


 




塩も岩塩を使いました。 ミルで挽きながら振りかけるのも雰囲気がでていいものです。


ブラックペッパー

DSC 0051



今回は頂き物のレモン入りのブラックッペッパーをかけました。
挽き立ての香りはやっぱりいいなと思います。


作り方


それでは続いて、作り方の説明です。
作り方は簡単3ステップ♪

1 ちぎる
2 かける
3 あえる 


DSC 0060


まず、レタスを食べやすいサイズにちぎります。


DSC 0065


はい、このくらいのサイズにちぎりました。

DSC 0054


バジルも好みの量を入れます。


DSC 0069


そしてチーズを入れると…


DSC 0073


こんな感じ♪
次に調味料をかけていきます 。


DSC 0090


オリーブオイル


DSC 0099


バルサミコ酢


DSC 0103


そして、お塩と


DSC 0109


黒こしょうを振りかけます。
最後に全体を馴染ませるようにあえると… 


DSC 0113


完成しました。
とても簡単ですよね。
でもなかなか美味しいんですよ。 


まとめ


調理時間も40秒と、なかなかいい感じです♪
これにお好みで、トマトやオリーブをいれたり、ガーリックパウダーやナッツ類をいれると、より一層美味しいサラダになると思います。
いつものサラダにかけるドレッシングを変えることで、一味違う楽しみ方ができる点でもオススメです。
ぜひ試してみてください♪


あわせて読みたい



この本読みたいなと思っています。

Return Top