Toggle

Food

Contents

ナツィオナーレ通り253番地のレストラン〜2012 Europe vol.5〜Trave

ローマの食事は美味しい。
そう思わせてくれたのがここのレストラン。
アットホームなお店の雰囲気に、気さくなスタッフ。
名前をひかえてこなかったのが悔やまれるが、今もその場所は鮮明に覚えている。 
ナツィオナーレ通り253番地だ。 


DSC 0486

昼間の陽気な街並とは違い、夜のローマはエキゾチックだ。 
石畳に目を向ける。
大きな通りはその賑わいを暖めるように照らされ、それとは対照的に、路地裏の暗さは際立って深く、近寄りがたい雰囲気を助長しているようにも見える。 


DSC 0467


DSC 0468


レストラン


そんな街並を見ながら、向った先がこのレストラン。
なぜ、ここにしたのかというと、一緒にいた従兄弟が事前に行ってくれた上でオススメしてくれたから。
初めての場所は、どこにしたって少なからず緊張感がある。
それが海外ならなおさらだ。 
こういった、行ったことのある人のオススメというのは本当にありがたいく、また心強くも思う。


DSC 0469


ここは日本語メニューもあり、日本人を受け入れてくれる姿勢に、親近感と嬉しさを感じた。 


店内


アットホームな店内。


DSC 0474


DSC 0471


料理


ここのレストランの魅力はなんといっても料理の美味しさにある。


DSC 0476


イタリアのビールはクセも無く、飲みやすい印象。


DSC 0480


細かく切られた野菜がたくさん入ったスープ。 
トマトの酸味が食欲をそそる。


DSC 0481


肉。
香草で風味付けされたお肉。ワインと良く合う、しっかりとした味。


DSC 0483


気さくで、サービス精神旺盛なスタッフ。
スマートなルックスも好印象。 


DSC 0482


魚。
オリーブオイルで焼かれた白身魚。 
粗塩と胡椒が効いていて、とても美味しい一品。


DSC 0486


ほぐしてもらって、こんな感じ。


DSC 0484


トマトベースのパスタ。


DSC 0485


サラダの家庭的な盛りつけに親近感。 


DSC 0475
赤ワイン。
イタリアのワインをその場で味わうというのも感慨深い。 


旅のなかでの食事というのは、楽しみの一つであり、旅の成功に関わる重要なコトだ。
ここは、有名店とうわけではないが、どれも美味しい料理ばかりで満足度の高い食事を楽しめた。
もし、ローマ旅行の際に、どこで食事をとろうかと迷ったら、このレストランに行かれてみてはどうだろうか。
きっと、親切なスタッフと美味しい料理が出迎えてくれることだろう。
ここは、ナツィオナーレ通り253番地だ。 


アクセス


スナップショット 2012 12 03 15 05 3


Via Nazionale, 253, 00184 Roma


合わせて読みたい


Return Top